News

快快WS・出演者オーディション同時開催

快快の夜遊び隊長・篠田千明とヘベレケ振付家・野上絹代による、ワークショップを開催致します。
今年の8月に行なわれるハンガリーでのワークショップに先駆けて、横浜にて行ないます。
さらに、2010年1月にシアタートラムで行なう快快公演の出演者オーディションも同時開催致します。

2009年6月20(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)
13:00〜14:30 快快公演出演者オーディション
15:30〜17:00 野上絹代ワークショップ
18:00〜21:00 篠田千明ワークショップ

問い合わせ:faifai.tv@gmail.com
会場:急な坂スタジオ

共催:急な坂スタジオ
企画・制作:快快

 

快快WS&オーディション090601.pdf


new_map.gif

【野上絹代ワークショップ/急な坂ワークショップVol.11】

「昨日、今日、明日。変わりゆく私。」を京都に行かずにやってみよう。」

1コマ:自己紹介をありとあらゆる様々な形でやってみよう

2コマ:好きなものをありとあらゆる様々な形で表現してみよう

3コマ:嫌いなものをありとあらゆる様々な形で表現してみよう

4コマ:何故か「ボレロ」にのせて今までの形をまとめてみよう

全4コマ(1コマ=1.5時間)※1日1コマ行ないます。
日時:2009年6月20(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)、15:30〜17:00
料金:1コマ1000円
定員:各20名
4コマすべて参加できる方を優先致します。

 

【篠田千明ワークショップ/急な坂ワークショップVol.11】

まあ生きてる間は色んなものに規定されて生活しているわけだけど、もちろんそれが悪い意味ではなく、今、私は場所から規定されるなんかに興味がある。
今回のワークショップは急な坂スタジオの周りの土地から身体をサンプリングしてくるという所から始めようと思う。交差点、と一口にいってもその土地の形によっていろんな信号待ちの仕方がある。坂と大通りの交差点とかあんま車通らない交差点とかね。
とりあえずは町を遊び道具にしてそこから何がでてくるか、作りながら一緒に楽しんでいけたらいいなー、と思っている。

 

1コマ:場所をコピーする

まずは参加者と急な坂近辺を歩きながら、目に映ったものをどんどん自分の身体にコピーして
いきます。どこかで止まって収集したりそれぞれに集めたり。

 2コマ:サンプルを脱色する

集めて来たサンプルを一旦バラバラなままで並べてみます。素材だけでどこまで楽しめるか?!

 3コマ:レイヤーを重ねる

参加者の中でチームを組んで、意味を取り除いた状態のものを組み立てて小さいユニットにしていきます。

 4コマ:構成する

さてさて、なんかにしてみます。強い意志だけが必要です。一体どんなものができるのか、
たのしみー。

全4コマ(1コマ=3時間)※1日1コマ行ないます。
日時:2009年6月20(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)、18:00〜21:00
料金:1コマ2000円
定員:各20名 ※4コマすべて参加できる方を優先致します。

<応募方法>
メールにて、受付しております。
 faifai.tv@gmail.comに件名を「篠田千明ワークショップ応募」又は、「野上絹代ワークショップ応募」とし、
1 名前
2 年齢
3 性別
連絡先(電話番号/住所/メールアドレス)
参加日(なるべく4コマ通しでご参加ください。)
を明記の上、ご連絡ください。
定員(4コマすべて参加できる方を優先致します。)になり次第締め切り致します。

 

***********************************************************************************

【快快公演出演者オーディション】

応募締め切り 2009年6月15日(必着)
作品名:「ZELLER SCHWARZE KATZ 論文編」
公演期間:2010年1月20〜22日(予定)
公演会場:シアタートラム
演出:野上絹代

<オーディション日程>
1次書類審査 ※1次審査結果は6月18日までに通知致します。
2次ワークショップ審査
2009年6月20日(土)又は21日(日)13:00〜14:30 ※どちらか1日
・ 3次ワークショップ審査
2009年6月27日(土)・28日(日)13:00〜14:30 ※両日参加できること。

会場:急な坂スタジオ

<応募資格>
心身ともに健康な方。
オーディション、本番日程および、12月初旬からの稽古に参加できること。
3.20歳〜35歳までの男女。またはそれ相応の年齢に見えること。

<応募方法>
・2009年6月15日までに応募書類(形式は任意)を郵送にて提出のこと。
応募書類必須事項
名前
年齢
性別
連絡先(電話番号/住所/メールアドレス)
(あれば)舞台経験
自身の長所/短所
写真(バストアップ/全身)
2次審査希望日時(20日or21日明記)

・二次ワークショップ審査の参加費として1,000円を会場でお支払いください。

<書類郵送先>
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館 
急な坂スタジオ「快快オーディション係」まで

問い合わせ:faifai.tv@gmail.com

〜演出家から〜
最近、「自分」についてひどく探究心がある。
「自分」を知れば自身の個性を出すことも引くこともできる。そして、その上で、それを逐一表現することによって他者と共存できるのだ。
表現の手法は様々だけど、お互いに刺激を与え合える表現者と知り合うために今回はオーディションという形を選択しました。もちろん、快快メンバーもオーディションに参加します。
また新しい「自分」を私自身も発見できる機会にできたらと強く願っています。

「ZELLER SCHWARZE KATZ 論文編」について
初演時では演劇特有の“役柄”や“キャラクター”を演じるということを懐疑的にとらえ役者自身の“個性”を新たに見つめ直すという趣旨のもと、演劇的にいうなれば「コロス」もしくはもっと目立たない「黒子」、ダンスでいうなれば「群舞」の身体を目指した作品。

この作品で最も重要な演出プランは3つある。

登場人物はたった3人であるが、役者はそれよりも多い(初演時は5人)。
役者たちは皆同じ“出演者”という立場で役柄を唐突に交換したり、役にあぶれているものは動物や家具、モノなど何でも演じることができる。
ある程度の即興性を尊重し、出演者の個性を引き出す場面をもうける。
そのほか、ビジュアルアプローチとしては役者はなるべく色味のない衣装や肌を灰色に塗ること、平坦な日常を鮮やかに演じるための過剰な身体表現を取り入れている。

演出 野上絹代