News

こーじ、天野がKUNIO08に参戦

 

こーじ、天野がKUNIOに参戦!

KUNIO 08 東京・名古屋公演ツアー

 

http://www.kunio.vis.ne.jp/KUNIO08.html

 

【東京公演】2011年2月17日[木]~21日[月] こまばアゴラ劇場

【名古屋公演】2011年2月24日[木]~27日[日] うりんこ劇場

 

作=ウージェーヌ・イヨネスコ

演出・美術=杉原邦生

出演=岩下徹,細見佳代,山崎皓司 (快快)

 

岩下徹主演×杉原邦生演出で贈る、不条理劇の名作『椅子』待望の再演!

お客さんいっぱい招いたからにはLet’sパーティー♪ テンションダダ上がり↑↑YES。

だから、どんちゃん騒いで、思いっっっきりやって、精いっっっぱいもてなして、

いっっっ生懸命生きて、それで死んじゃっても良いんじゃない?

文句Nothing!サイコーの人生!サイコーの老後!有終の美!!

孤独…?んなこた、ないなーい。それが僕らのメッセージ!?

この冬、KUNIOが送るサイコーにHOT☆な、人生MAX!!!不条理劇『椅子』。

真冬の劇場にウェルカムです!

 

////////////////////// 東京公演 ////////////////////// 

 

【日時】全6回公演

2月17日[木]19:30

2月18日[金]19:30

2月19日[土]14:00

19:00

2月20日[日]14:00

2月21日[月]14:00

 

 

*受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

*演出の都合上、開演後の入場制限をさせていただく場合がございます。

*未就学児童の入場はご遠慮ください。

 

*2月20日(日)14:00の回託児サービスあり《要予約》

料金:0~1歳児2,000円、2歳児以上 1,000円

チケットのご購入とは別途、下記までお申し込みください。

[予約・お問い合わせ]:0120-788-222

(土日祝日を除く10:00~12:00、13:00~17:00)

 

*東京公演では芸術地域通貨ARTSがご利用いただけます(1ARTS=1円)。

ARTSとは、桜美林大学の演劇施設内で施行されている地域通貨です。

 

 

【チケット料金】

一般 前売:2,700円 当日:3,000円

学生・ユース(25歳以下)前売:2,200円 当日:2,500円

*学生・ユースのお客様は当日受付にて証明書をご呈示ください。

 

【チケット発売】

2011年1月8日[土]

 

【チケット取扱】

●チケットぴあ TEL:0570-02-9999[Pコード:410-002]

●KUNIO08『椅子』専用予約フォーム

 

【会場】

こまばアゴラ劇場

〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11-13

TEL:03-3467-2743

http://www.komaba-agora.com/

 

 

 

////////////////////// 名古屋公演 ////////////////////// 

 

【日時】全4回公演

2月24日[木]19:30

2月25日[金]19:30

2月26日[土]15:00

2月27日[日]15:00

 

 

*受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

*演出の都合上、開演後の入場制限をさせていただく場合がございます。

*未就学児童の入場はご遠慮ください。

 

 

【チケット料金】

一般 前売:2,500円 当日:3,000円

大学生 前売:2,000円 当日:2,500円

高校生:1,000円[前売・当日共]

*学生のお客様は当日受付にて証明書をご呈示ください。

 

【チケット発売】

2011年12月28日[土]

 

【チケット取扱】

●チケットぴあ TEL:0570-02-9999[Pコード:409-785]

●KUNIO08『椅子』専用予約フォーム

 

【会場】

うりんこ劇場

〒465-0018 愛知県名古屋市名東区八前1-1123

TEL:052-772-1882

http://www.urinko.jp

 

 

 

【お問合せ】

KUNIO

TEL・FAX:075-712-6004

MAIL:kunio@mb.vis.ne.jp

 

 

 

【あらすじ】

水に囲まれた島にある家で暮らす老人と老婆。

老人は「世界を救うメッセージ」を伝えるため、

大勢の聴衆とそのメッセージを代弁する弁士を招いていると言う。

やがて、二人は次々とやってくる客人の応対に追われ始めるが  。

 

 

 

【プロフィール】 

 

訳=安堂信也

 

照明=魚森理恵

音響=齋藤学

映像=天野史朗 (快快)

舞台監督=西田聖

衣裳=清川敦子

演出助手=南部優佳

英訳=塚本玲奈

宣伝美術=加藤賢策 (東京ピストル)

写真=相模友士郎

制作=土屋和歌子

 

協力=シバイエンジン

提携=(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場[東京公演]

著作権代理=フランス著作権事務所

助成=芸術文化振興基金

 

◎京都芸術センター制作支援事業

◎企画制作・主催=KUNIO

 

初演:2008年2月アイホール

関西を拠点とするパフォーミング・アーティストとの共同製作事業

“Take a chance project 018”