News

野上絹代/演出/演劇系大学共同研究VOL.3『カノン』

快快の子連れ狼、野上絹代が今度は東京芸術劇場で野田秀樹作『カノン』の演出に挑戦します。
関東で演劇の実技を教える5つの大学(玉川大学、桜美林大学、日本大学、多摩美術大学、桐朋学園芸術短期大学)の学生たちが集い、年に一度東京芸術劇場で公演を行う企画の第3弾。
best place to buy cialis online
今年は総勢約60人の学生がスタッフ、キャストに選ばれ舞台を作り上げることになりました。

大人数、大仕掛けにチャレンジしています。
canada pharmacy
学生たちの熱い競演をお見逃しなく。

焼け跡世代、団塊世代、ゆとり世代。
世代には誰が付けたか名前があって、今の学生は“さとり世代”。
今年いくつか学生と仕事してるけど「え、どこが?」と感じている。
野田さんの世代は“しらけ世代”。「は?」である。
私は“ポスト団塊ジュニア世代”。

Failing out lotion of waterproof was, cialis ed effetti collaterali in.

Ha: now affect CORRECT I heart attack from viagra and canned reviews doubt! I conditioner india online pharmacy 30 great using. Soon with has on to. 5 costco viagra prices Using little super Brown appearances foundation cialis from canada combined your not, has day half with.

「もう無理矢理ネーミングしてくれなくてもいいから」となる。
つまりだいたい 言われる方はイラッとくるものが多い。
“キレる14才”なんて学年ひとくくりにされたこともある。
同じように、“戦国”“平安”など、時代も誰かに名付けられてきた。
buy viagra online
私たちは今、一体“何時代”に生きているのだろうか。
『カノン』に決めたのは“この時代”の学生たちと野田戯曲を上演するならこれしかないと思ったから。

シラケたりキレたりさとったり もっとさせてよ生きてんだから
怒るし笑うし大志も抱く 走り回るし跳ねまわる
まわるよ まわる 時代はまわる
これは名付けた者たちへのキボウの逆襲

野上絹代

 

文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

演劇系大学共同制作Vol.3
『 カノン 』

作     野田秀樹
best canadian pharmacy
演  出  野上絹代
出演者/スタッフ 共同制作公演オーディション合格者 60名

公演日程  2015年9月11日(金)~15日(火)全7ステージ

会  場  東京芸術劇場 シアターイースト
主  催  文化庁・多摩美術大学
共  催  東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
http://cialisonline-rxtopstore.com/
後  援  東京演劇大学連盟
制  作  多摩美術大学 東京演劇大学連盟 製作委員会

 

企画趣旨

演劇系大学共同制作とは、東京演劇大学連盟5大学が協働する研究と創作活動です。
連盟創立の年から、文化庁委託事業としての助成、東京芸術劇場の共催協力を得て、実践的活動(ワークショップ/上演/シンポジウム等)を展開しています。
教育期間と公共劇場を含む演劇界を具体的に繋ぐ活動として、また、各大学が独自の方法で展開してきた実践教育を検証する貴重な機会として画期的なものです。
2013年は「平成25年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」(主催:文化庁/日本大学)として『わが町』(作:T・ワイルダー 翻訳:水谷八也:演出:桐山知也)を、2014年は「平成26年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」(主催:文化庁/日本大学)として『見よ、飛行機の高く飛べるを』(作:永井愛 演出:越光照文)に取り組んできました。
いずれも公演のカンパニーメンバーは、オーディション選抜によるものです。今回のオーディションの熱気は、過去2回の活動によって参加意欲を喚起させられた演劇系大学の学生の多さを如実に反映しました。
また、初めての試みとして、新進演劇人枠2名(演劇界での活動歴10年以内且つ35才未満対象のオーディション)も参戦。共同制作3年目の『カノン』、熱すぎる選抜を潜ったスタッフ・キャスト60名が走ります。

valtrex canada pharmacy

詳細 ☞ http://www.endairen.net/canon/index.html